全身脱毛を受けて煩わしいムダ毛から解放されよう

サイトメニュー

仕組みや構造

タクシーの模型

仕組みや構造を理解することが大切

全身脱毛を仕組みを知るためには、まずはじめに体毛の構造を理解することが大切です。体毛は皮膚の上に出ている毛幹と皮膚の下にある毛根の二種類に分けることができます。毛根は皮膚の中で毛包に包まれていて、毛根の根っこにあたる部分に毛乳頭があります。この毛乳頭は毛母細胞に栄養を送る大事な働きをしています。全身脱毛はこの毛乳頭にダメージを与えることによって、毛が生えないようにしているという特徴があります。毛周期を知ることも、全身脱毛の仕組みを知る際に大切なポイントになります。毛には毛周期と呼ばれるサイクルがあり、皮膚の下に隠れている毛根は、皮膚の上に出るための準備をしている状態です。カミソリなどで自己処理したとしてもすぐに生えてくるのは、毛周期があるからです。毛周期には成長期・退行期・休止期の3種類があります。成長期は毛母細胞が活発になっている時期で、メラニン色素をたくさん含んでいます。この成長期が過ぎると次は退行期です。退行期では毛母細胞の成長がストップし、毛が抜け落ちていきます。この毛が抜け落ちてしまうと休止期になります。休止期を過ぎると再び成長期が始まります。全身脱毛を行うのは毛にメラニン色素が多く含まれている成長期と退行期の間です。もう十分に成長して後は抜けるだけいうタイミングで行うのが最適であるといえます。全身脱毛は、脱毛サロンや美容クリニックによってそれぞれ使用している機器は異なりますが、メラニン色素に反応させて脱毛するという仕組みはほとんど同じです。したがって部位別の毛周期をよく把握して脱毛を進めていくことがポイントになります。

Copyright© 2019 全身脱毛を受けて煩わしいムダ毛から解放されよう All Rights Reserved.